TOP > しば内科クリニック > 詳細情報
 

<熱中症について>

   今年は、昨年より気温が高く、エアコンを毎日使用する日々が続きます。全国的にも熱中症の患者様が増加しており、救急搬送の数がとても多いようです。
 今回、熱中症の対策と予防について少しお話しようと思います。
 熱中症になりやすいかどうかは、ある程度暑さに慣れているかどうか(暑さに耐性があるかどうか)が問題です。暑さに慣れていないのにいきなり長時間歩行したり運動したりすると簡単に脱水になります。それと高温多湿の条件で無理をするとさら熱中症になりやすいといわれております。
 熱中症にならない工夫もとても大事です。適度に水分や塩分をとること、自分が今いる環境の中で快適なところを選択することです(エアコンや木陰)。
 とても大事なことは、熱中症ならないように自分で身を守る行動をすることです。よく汗をかいて、つらい運動や仕事をすると思われるときは、前もって朝、水分や塩分を沢山摂取すること。夜間はなるべくエアコンを使用し、部屋の温度を適切に保つことです(摂氏28度程度)。
 当クリニックに来院される患者様でも、朝から倦怠感、吐き気があり、熱中症と診断し、点滴をして治療する方も散見されます。倦怠感、ふらつき、嘔吐の症状がみられたときは、熱中症でも点滴をしたほうが良い状態と思われますので、医療機関を受診された方が良いでしょう。
 これからしばらく暑い時が続きます。皆様におかれましてはご自愛されてください。

△このページの上へ
 
Copyright OS Plaza All rights reserved